永遠の0 / たっぷりコーンのオムライスクリームグラタン



実は見に行ったのは公開直後。年末のことでした。
零戦にというよりはむしろ、岡田くんに興味があって見にいきました(笑)
(ミノリは岡田くんのファンです!)
今年は大河ドラマでも大活躍なので、幸せすぎる……



はっ、えーと、映画の話ですね。



夏に「風立ちぬ」で零戦の製作者側の物語に触れて、今回は搭乗者側の物語。
つくづく恥ずかしいと思うのですが、戦争に関する知識の不十分さが身に染みます。
そろそろ腰を据えて自分から吸収していく姿勢をとらないとなあ。


多くの人が正しいと語る言葉がほんとうに正しいとは限らない。
そもそも正しいとか間違いは主観が作用するから、時代や文化背景が異なれば変わってくる事柄です。
戦争中、声高々には語らなくても、大衆と異なる考えをした人は少なからずいました。



宮部さんもそのひとり。
「生きる」ということを真剣に考えて考えて、それゆえ苦しんだ人でしょう。



いまは幸いなことに、日本は戦争下にはありません。
それはほんとうに幸いなことだと思う。


でも、じゃあ考えなくていいかというと、それはちがうという気がします。
戦時下の生きるか死ぬかの極限ではないにせよ、どう生きるかは普遍的なテーマであると思います。
豊かになればなるほど。
それは究極的には、自己実現みたいな言葉で語られるのだろうけれど、最近は安売りみたいに使われるので個人的にはあまり軽々しく使いたくはない。


宮部さんが妻と子どものために生きのびねばならないと思ったような、そんなシンプルなことからはじまるのだと思います。



個人的には、特攻自体には賛同はできないのだけれど(現在の価値観ではそれは賛同することでないのは当然ですが)、最後のシーンはゾクゾクとしました。
飛行機乗りってかっこいいと初めて思いました。



 *


年末も映画のあとはオムライスを食べて。
毎回飽きずに続いているオムライス好きです(笑)



c0276140_21544744.jpg

たっぷりコーンのオムライスクリームグラタン



家族でハフハフとしながら食べる光景が浮かんできました。
戦後は貧しくて大変でそれどころではなかったと思うのですが、そんなふうになれたらよかったね、という思いも込めて。



「永遠の0」は図書館で原作も予約中です。
予約待ちがものすごい数だったので(村上春樹さんのつくるくんより多かった!)、回ってくるのはいつになるかしら。









[PR]
by minori_sb | 2014-02-05 22:45 | 映画


手作りお菓子と本の感想、日々のできごとについて


by minori

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ

全体

お菓子
映画
オムライス
カフェ・レストラン
お出かけ・旅行
日々のできごと
ごあいさつ

タグ

(25)
(15)
(15)
(14)
(13)
(12)
(12)
(9)
(9)
(8)

最新の記事

移転先のお知らせ
at 2018-09-17 19:47
ブログを移転します
at 2017-08-12 09:30
現実的な子供たち --メアリ..
at 2017-07-22 07:00
アイルランドのステンドグラス..
at 2017-07-19 07:30
3月の湯布院旅行 その2 ゆ..
at 2017-07-15 07:00

画像一覧

記事ランキング

以前の記事

2018年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
more...

その他のジャンル

お気に入りブログ

お茶の時間にしましょうか...
Good day ~...
喫茶去 所長のブログ
la la la kit...
one day roll
BAYSWATER
ゆるゆると・・・
BARON MAMA*S
Day by day
四 番 目 の 猫 Ta...
YASCH+Y
想い出cameraパートⅢ

検索