花のベッドでひるねして / ヴィクトリアサンドイッチケーキ





父が亡くなってしばらくは、ぼんやりと毎日を過ごしていました。


お葬式の次の日に用事があって学校へ行ったのだけれど
涙が止まらなくて止まらなくて
「しばらく休みなさい」と言われました。
あのときは周囲の人の温かな心遣いがほんとうにありがたかった。



いつまでもこんなふうにぼんやりしていたらいけないなあと
思いながら無為に過ごす毎日。


そんなとき、図書館から予約していた本が入りました。
それがこのよしもとばななさんの「花のベッドでひるねして」です。




別にこの時期に意図して読んだわけではありません。
もっと前に予約して、たまたまその時期になっただけ。
でも、この時期に読むべくしてあったのだなあと思います。
人の出会いと同じように、本にも出会う時期があるのでしょう。




ばななさんの本は読んでいて、とても肩の荷が楽になる感覚があります。
この本も、そんなふうに重くなっていた肩を軽くしてくれました。


そして、なんていうのでしょうか。
じわじわと、ほんとうにじわじわと
弱っていた自分を癒してくれた。



この本に書かれているのは、亡くなった人と、いま生きている人です。
亡くなった人へ対する想いが日常に溶け込むように柔らかくて
現在に立ちながら未来へ馳せ、過去にも目を向け、やはり現在に立つ。


将来がどうなるかわからない、周囲の醜聞もある。
でも、いま自分の生きている場所を、視座を大切にする幹ちゃん。
そこにはおどろおどろしい闇だって存在するけれど
でもそんなものもひっくるめて、そこに存在すること。



別に未来に向って明るいキラキラしたものばかりを目指すのではなくて。
でも、そんな自分でもいいんじゃないかと、息をするのが楽になる。




読み終わったとき
ああ、そろそろ日常に戻ってもいいかもしれない
と思いました。


それから次の週に、すこしずつすこしずつ現場復帰していきました。
この本が、ひとつの契機になってくれて
わたしにとっては忘れられない一冊になりました。




あとがきを読んで驚いたこと。
ばななさんもお父様を亡くされて、この本を書かれたとのこと。


この本自体には、父への郷愁は描かれていません。
幹ちゃんの育てのお父さんは生きていますし。
でも、読んでいるときずっと父のことが浮かんできました。
なんだかそれが、とても腑に落ちたのでした。




  *




この物語の舞台自体は日本の片田舎なのですが
物語の重要なキーワードはイギリスです。


イギリスの田舎の風景が浮かんできそうなストーリー。
わたしもいつか行ってみたいと思いつつ、いまだにその夢が叶えられていません。
いつかいつか、叶えたいです。




c0276140_12480294.jpg


というわけで、今回は気分だけでもイギリスをと。
ヴィクトリアサンドイッチケーキです。


前回つくった苺のコンフィチュールを荒めにつぶしてケーキにサンドしました。
1パック分では足りなかったので、ベリーのジャムもプラスして。


手づくりのジャムでヴィクトリアサンドイッチケーキ
一度やってみたかったのです。
夢がまたひとつ叶いました。



味はとっても優しくて家庭的な味。
シンプルだけれど、買ってきたケーキにはないおいしさです。



このあともう一度苺のコンフィチュールを仕込みました。
来月誕生日の姪っ子のために。
彼女は苺が大好きなのに、誕生日が苺の季節ではないので。
喜んでくれるといいな。





花のベッドでひるねして

よしもと ばなな/毎日新聞社

undefined



ヴィクトリアサンドイッチケーキのレシピはこちらから。
挟んだジャムはお手製です。


あの人が愛した、とっておきのスイーツレシピ

大和書房

null








[PR]
by minori_sb | 2014-05-07 13:35 |


手作りお菓子と本の感想、日々のできごとについて


by minori

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ

全体

お菓子
映画
オムライス
カフェ・レストラン
お出かけ・旅行
日々のできごと
ごあいさつ

タグ

(25)
(15)
(15)
(14)
(13)
(12)
(12)
(9)
(9)
(8)

最新の記事

移転先のお知らせ
at 2018-09-17 19:47
ブログを移転します
at 2017-08-12 09:30
現実的な子供たち --メアリ..
at 2017-07-22 07:00
アイルランドのステンドグラス..
at 2017-07-19 07:30
3月の湯布院旅行 その2 ゆ..
at 2017-07-15 07:00

画像一覧

記事ランキング

以前の記事

2018年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
more...

その他のジャンル

お気に入りブログ

お茶の時間にしましょうか...
Good day ~...
喫茶去 所長のブログ
la la la kit...
one day roll
BAYSWATER
ゆるゆると・・・
BARON MAMA*S
Day by day
四 番 目 の 猫 Ta...
YASCH+Y
想い出cameraパートⅢ

検索