人気ブログランキング |

ねじまき鳥クロニクル 第一部泥棒かささぎ編

ねじまき鳥クロニクル〈第1部〉泥棒かささぎ編 (新潮文庫)

村上 春樹/新潮社

undefined



「村上春樹、河合隼雄に会いにいく」で、河合隼雄先生がねじまき鳥についてコメントされている部分がありました。
細かいところは忘れたのですが(すみません…また調べておきます)、たしか河合先生は奥さんのことについて触れておられました。


ねじまき鳥を読むのは2回目か3回目です。
なにせ長い物語なので、なかなか腰を据えてよし、読もうと思わないと読めません。
海辺のカフカや、世界の終りとハードボイルド・ワンダーランドはわりと何度も読み返しているけれど、ねじまき鳥はなぜかそんなに読む機会がありませんでした。(同様に、1Q84もまだ読み返す域になっていません。タイミング的なところもあるのです)


今回、「図書館戦争」の映画をきっかけに久しぶりに読み返してみて、わたしのなかの視点がすごく変わっていて新鮮な気持ちになりました。


ほんとうだ、これは久美子さんがキーパーソンだ。


マルタクレタ姉妹や、ナツメグやシナモンや、メイちゃんとか、ねじまき鳥にはとても個性的な登場人物がたくさん出てくるので、はじめて読んだときは正直久美子さんのことはそこまで意識していませんでした。
でも改めて読んでみると、これって主人公が奥さんを喪失していく過程、そしてそのことに気づく過程、取り戻す(修復していく)過程が描かれている。


久美子さんの声にならない声に主人公が気がつくのは第2部のそれこそ終盤なんだけれど(良いニュースは小さな声で語られる)、第一部で彼女はちゃんと救いを求めていたんですね。


でも、その声ってすごくわかりづらいそれこそメタファーで、でもそこに気がつくと物語の奥行きがぐんと深まってくる。



面白いなあと思いました。
なかなか本を読む時間をとることが難しくて第2部を読むのはこれからなんですが、わくわくしながら続きを読もうと思います。






これもまた読みたい。


by minori_sb | 2016-01-09 15:56 |


手作りお菓子と本の感想、日々のできごとについて


by minori

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ

全体

お菓子
映画
オムライス
カフェ・レストラン
お出かけ・旅行
日々のできごと
ごあいさつ

タグ

(25)
(15)
(15)
(14)
(13)
(12)
(12)
(9)
(9)
(8)

最新の記事

移転先のお知らせ
at 2018-09-17 19:47
ブログを移転します
at 2017-08-12 09:30
現実的な子供たち --メアリ..
at 2017-07-22 07:00
アイルランドのステンドグラス..
at 2017-07-19 07:30
3月の湯布院旅行 その2 ゆ..
at 2017-07-15 07:00

画像一覧

記事ランキング

以前の記事

2018年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
more...

その他のジャンル

お気に入りブログ

お茶の時間にしましょうか...
Good day ~...
喫茶去 所長のブログ
la la la kit...
one day roll
BAYSWATER
ゆるゆると・・・
BARON MAMA*S
Day by day
四 番 目 の 猫 Ta...
YASCH+Y
想い出cameraパートⅢ

検索