人気ブログランキング |

野球を通して描かれること -- バッテリー/バッテリーⅡ


c0276140_10382582.jpg



前から名前は聞いたことがあったのですが、巻数も多いし、野球少年にはそんなに興味がないし、と積極的に読もうと思わなかった本です。
最近知人の中学生の娘さんがこの本がとても面白いと話していたそうで、なんとなくじゃあ一度読んでみようかと思い立ちました。


とりあえず1巻、2巻と読みました。
うわあ、面白いです。
野球は(というかあえて野球というわけではなくスポーツ全般的になのですが)、特に興味がないのですけれど、これは面白い。


そういえば漫画の話なのですが、羽海野チカさんの「3月のライオン」という漫画も、特に将棋が好きというわけでもないのに面白くて読みつづけています。
つまり、わたしの場合は野球や将棋など、そこで扱われている題材そのものではなくて、そういった題材を扱いながらその背景にある、登場人物たちのこころの動き、人間模様に興味があるのですね。
そういう意味では、オールジャンルOKです。
どんなものにも、人のこころの動きは付きものですから。




バッテリーは、巧くんという天才的なピッチャーと、豪くんという天才に出会ったが故に運命が大きく変わったキャッチャーがメインのお話です。
タイトルがバッテリーだからこのふたりが物語の主軸ですが、中学生という微妙な年齢のなかでのいろいろな葛藤や強がりや弱さが、なんともいえず絶妙に描かれています。
特に主人公の巧くんは、野球に関しては抜きん出ているけれど、それ以外はほんとうに不器用で、お母さんの苦労もわかります。
それをわかってたまるかという巧くんの気持ちも、うんうんと頷けます。


きっと読者のメインターゲットは10代の子だろうけれど、育児書よりもよっぽど思春期のむずかしい子どものこころを描いているのではないでしょうか。
だから大人こそ読んでほしいし、自分たちもそうだったなあと思えるところがきっとあります。 




2巻はまだ野球部として動き出せるか、というところ。
しばらく巧くんたちを追いかける日がつづきそうです。



1巻は文庫で読んだのですが、2巻はつばさ文庫で読みました。(写真の2巻はつばさ)
図書館から借りてくるまでわからなかった。



by minori_sb | 2016-09-24 08:00 |


手作りお菓子と本の感想、日々のできごとについて


by minori

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ

全体

お菓子
映画
オムライス
カフェ・レストラン
お出かけ・旅行
日々のできごと
ごあいさつ

タグ

(25)
(15)
(15)
(14)
(13)
(12)
(12)
(9)
(9)
(8)

最新の記事

移転先のお知らせ
at 2018-09-17 19:47
ブログを移転します
at 2017-08-12 09:30
現実的な子供たち --メアリ..
at 2017-07-22 07:00
アイルランドのステンドグラス..
at 2017-07-19 07:30
3月の湯布院旅行 その2 ゆ..
at 2017-07-15 07:00

画像一覧

記事ランキング

以前の記事

2018年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
more...

その他のジャンル

お気に入りブログ

お茶の時間にしましょうか...
Good day ~...
喫茶去 所長のブログ
la la la kit...
one day roll
BAYSWATER
ゆるゆると・・・
BARON MAMA*S
Day by day
四 番 目 の 猫 Ta...
YASCH+Y
想い出cameraパートⅢ

検索