梅田駅アンダーワールド --3時のアッコちゃん

3時のアッコちゃん

柚木 麻子/双葉社

undefined



アッコちゃんシリーズ第2弾。
実は、この「3時のアッコちゃん」を最初に読みました。


「天然生活」という雑誌に作者の柚木麻子さんが寄稿されていて、そこにこの本が取り上げられていました。
記事には「会議に英国式ティータイムを取り入れる」「ヴィクトリアケーキ」のキーワードがあって、俄然興味が湧いてきました。
高校生のころから英国式ティータイムに憧れを抱いていたわたしとしては、このキーワードに反応しないわけにはいきません。
作者の柚木麻子さんの本も、「本屋さんのダイアナ」以降何冊か読んでいていま気になる小説家さんのひとりです。
柚木さんの描かれる物語は、手の込んだものからジャンクなものまで、とにかく食べ物の描写がいつもおいしそう。


英国式ティータイム会議のお話も面白かったし、アッコさんのキャラはとても個性的。
働く(働こうとする)女性に焦点を当てたストーリーは、どれもそれぞれにうんうんと頷くところがありました。


しかしあえてどれかひとつを選ぶとしたら、それはもう第4話の「梅田駅アンダーワールド」しかないでしょう。
就活時代、受けては落とされ、受ける企業によって自分の価値観をそのたびにカスタマイズして、何度も面接で失敗して、自分は実際のところなにがやりたいんだろうと自問自答する日々。
わたしは、遠征はしたことがないのですが、佐江の心境ってとてもリアルです。


しかし、それはいいんです。(いいのか!?)

こんなに梅田駅がワンダーランドのように描写されていることが、なんというかもう感無量です。
阪急電車も地元民として愛着がありますが、阪急梅田駅をキングス・クロス駅に喩えるなんて考えたこともなかった。
梅田のあのごちゃごちゃした地下世界をこんなに面白おかしく、摩訶不思議に、そして愛情を持って描いてくれてありがとう。
そんな気持ちでいっぱいです。


ちなみにわたしは通学と通勤で梅田駅を利用するようになってから、ようやく、ようやくあの梅田のごちゃごちゃした地下世界がすこしわかるようになりました。
方向感覚はないので、地図じゃなくて『こっちにいけばあっちに繋がる』とかそういうふうに理解しています。
おかげでたまに飲み会でマップを使うと、わけがわからなくなります。
『現在地からJRへ行くにはどのルートが最短なんだろう』とか考えるのも大変です。
わたしにとってほんとうに巨大ラビリンスです。

阪神百貨店の前(佐江ちゃんがどっちに行ったらいいんだろうと、迷ったところ)のあたりは人が恐ろしく入り乱れていて、慣れないときは吐きそうになりました。
地元民でも普段から利用していないとわけがわかりません。動く歩道は止まりません。歩くんです。(物語には関係ないけど、わかる人にはわかるだろう)とか、語りだすと止まらなくなるあたり、やっぱりわたしも地元が好きなのだなあと思いました。
これを読んで梅田へ行くと、とっても面白いと思います。(独断と偏見で)おすすめです!(笑)




[PR]
by minori_sb | 2017-01-28 07:50 |


手作りお菓子と本の感想、日々のできごとについて


by minori

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ

全体

お菓子
映画
オムライス
カフェ・レストラン
お出かけ・旅行
日々のできごと
ごあいさつ

タグ

(25)
(15)
(15)
(14)
(13)
(12)
(12)
(9)
(9)
(8)

最新の記事

移転先のお知らせ
at 2018-09-17 19:47
ブログを移転します
at 2017-08-12 09:30
現実的な子供たち --メアリ..
at 2017-07-22 07:00
アイルランドのステンドグラス..
at 2017-07-19 07:30
3月の湯布院旅行 その2 ゆ..
at 2017-07-15 07:00

画像一覧

記事ランキング

以前の記事

2018年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
more...

その他のジャンル

お気に入りブログ

お茶の時間にしましょうか...
Good day ~...
喫茶去 所長のブログ
la la la kit...
one day roll
BAYSWATER
ゆるゆると・・・
BARON MAMA*S
Day by day
四 番 目 の 猫 Ta...
YASCH+Y
想い出cameraパートⅢ

検索