アイルランドのステンドグラス作家 ハリー・クラーク

ハリー・クラーク

海野 弘(監修)/パイインターナショナル

undefined



前々回に、由布院のステンドグラス美術館へ行ったことをちらりと触れました。
ステンドグラスについて詳しい説明がしてあって、それまでステンドグラスにつゆほどにも興味がなかったのですが(すみません)、「へー」「ほー」と興味深かったです。

c0276140_18201454.jpg

建物のなかは2階建になっていて、2階は各国ごとの特色あるステンドグラスが飾ってありました。
面白いのは、内装が国ごとのイメージで壁紙やカーテンがレイアウトされていたこと。
ドイツは三つ編みと童話のモチーフをイメージとかあった気がします。(すみません、前過ぎて忘れている…)

それで、その中で、アイルランドの部屋というのがあったのですね。
そこにあったのが、ハリー・クラークのステンドグラスです。

ハリークラーク(1889-1931)は、アイルランドのステンドグラス作家です。
そして、ステンドグラス作家としても有名なのですが、挿絵画家としての一面もあった。
イェイツやアラン・ポー、ゲーテのファウスト、他にもアンデルセンの童話の挿絵も描いています。

この美術館にあったのは、ステンドグラスによくあるキリストを描いたものでしたが、その脇にペン画のイラストも飾ってありました。
もう記憶が定かではないのですが、リトル・ピープルなんとかだったと思います。(タイトルだけでもメモしておけば良かった)
アイルランドはリトル・ピープルと由縁が深いですよね。
クラークの描いていたそのイラストは、色合いも暗くて結構不気味なところもあって、ファンタジックな妖精さんという感じではなかったのですが、なんでしょう、その独特な雰囲気になんともいえず、惹かれてしまいました。

ステンドグラスも、なんというか奥行きがあるんですよね。
思わず見入ってしまう。クラークらしさというのがあるんです。

でも、とにかくわたしはそのリトル・ピープルなるペン画にどうしようもなく惹かれてしまったのです。


わたしは美術館に行くと、ぐるぐると回って、最終的にその美術展の”マイベストワン”を見つけて、そればっかりじーっと飽きるまで見るんですが、今回はクラークのリトル・ピープルのペン画がそれでした。
全部の部屋を見終わったあと、結局その部屋に戻ってそれだけを15分くらいずーっと見ていました。(母と叔母を待たせていたので途中で諦めました…)
↑こういう特性があるので、芸術鑑賞は人と行くのは向いていないです。。いや、芸術だけじゃない。昔兼六園に行った時は松に感動して(木が好きなので)友人を大いに待たせて呆れられたので、基本集団行動が向かないですね。。


話を戻しまして。

ステンドグラスにも絵本の挿絵にもさして興味のなかったので、ハリー・クラークという人のこともそこで初めて知りました。
もちろんこの美術館には他にも有名なステンドグラス作家の作品がいくつか展示してあったのですが、その人たちのことは綺麗に忘れてしまってもう全く思い出せません。
わたしは基本的に名前を覚える作業がとても苦手なのです。
しかし、「これは忘れてはいけない」となんかすごく思ってしまって、がんばって覚えたんですね。
いまから思うと携帯にメモしておけば良かったんだけど、メモもしないで頭に一所懸命覚えさせました。


ステンドグラス美術館なので、当然のようにわたしの気に入ったそのリトル・ピープルのイラストの絵葉書は売ってなく。
クラークのステンドグラスの絵葉書は売っていたのだけれど、それは買う気にはなれなくて。


で、由布院から帰ってきて、それから何度かクラークのことを思い出して、また忘れて、また思い出してを繰り返して。


ついに画集を買ってしまいました!(トップに紹介した本です)



ハリー・クラークの生涯や、絵本や本の挿絵、ステンドグラスまで約180点が掲載されています。
残念ながら、わたしが由布院で見たリトル・ピープルのペン画はなかったのですが、たくさんのイラストにもうやっぱりこれだ、と。

昔好きだった漫画のイラスト集とかは買ったことが何度かあったのですが(あったのか)、こういう美術的なものを買うのは実は初めて。
いや、この本はソフトカバーで値段も3000円くらいなのでお安いほうかもしれないのですが。
自分的にはこういう風に買おうと思うまでに気持ちが突き動かされて、しかも買ってこんなにこれだと思えたのは、とても新鮮な体験でした。



絵画はどちらかというと印象派が好きで(ルノワールとかピサロとか)、あんまりこれ!というほどの好みはこれまで希求したことがなかったのですが、ああ、これは出会えて良かったなあと思えるものでした。
何気なく立ち寄った由布院のステンドグラス美術館で起こった、運命的な出会いでした。




▼関連記事




[PR]
by minori_sb | 2017-07-19 07:30 |


手作りお菓子と本の感想、日々のできごとについて


by minori

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ

全体

お菓子
映画
オムライス
カフェ・レストラン
お出かけ・旅行
日々のできごと
ごあいさつ

タグ

(25)
(15)
(15)
(14)
(13)
(12)
(12)
(9)
(9)
(8)

最新の記事

移転先のお知らせ
at 2018-09-17 19:47
ブログを移転します
at 2017-08-12 09:30
現実的な子供たち --メアリ..
at 2017-07-22 07:00
アイルランドのステンドグラス..
at 2017-07-19 07:30
3月の湯布院旅行 その2 ゆ..
at 2017-07-15 07:00

画像一覧

記事ランキング

以前の記事

2018年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
more...

その他のジャンル

お気に入りブログ

お茶の時間にしましょうか...
Good day ~...
喫茶去 所長のブログ
la la la kit...
one day roll
BAYSWATER
ゆるゆると・・・
BARON MAMA*S
Day by day
四 番 目 の 猫 Ta...
YASCH+Y
想い出cameraパートⅢ

検索