人気ブログランキング |

カテゴリ:お出かけ・旅行( 30 )

2013 夏のお伊勢参り その3:おみやげ編

 

今回のお伊勢参りのおみやげを紹介します。


c0276140_6471154.jpg



まずは赤福。定番です。
赤福本店で食べることもできますが、今回は赤福本店もものすごい人だったのでおみやげだけ買いました。
前回の記事にも書きましたが、赤福氷も大人気でしたよ。


一時の騒ぎから落ち着いて、いまは京都駅でも買えちゃう赤福なのですが、どうせなら伊勢に行ったときに買いたいよね。
日持ちしないところがまたいい。


赤福ホームページ



c0276140_6471810.jpg



お次は松坂もめんのがま口です。(隣のクマさんは友情出演です)


ミノリが普段使っている財布は長財布です。
旅行にはかさばるので、旅行用に使えるお財布を探していました。
旅行ではポイントカードとかいらないしね。


藍染めのチェックがかわいい!
おはらい町とおかげ横丁の角のもめんや藍さんで見つけました。


もめんや藍




c0276140_6472443.jpg



最後はこちら。
これは別に伊勢だからというわけではないのですが、はてさてなんでしょう。



c0276140_6473135.jpg



まねき猫用のお座布団でした。
おかげ横丁の奥のほうにまねき猫専門店があります。
うちのまねき猫さんのお座布団が足りないので、せっかくなのでこの機会に揃えました。


ちなみに真ん中の青いまねき猫さん(多崎つくるくんの記事に登場しました)は、春に広島へ行ったとき宮島で買ったおみやげです。


お伊勢さんで買ったら、お座布団でも縁起がよさそうですね。
ちなみに母は宝くじを買っていました(笑)


吉兆招福亭



なかなかめまぐるしかったけれど、自分の欲しいものはちゃっかり手に入れることができました。
来年も伊勢行きたいですね。



関連記事
2013 夏のお伊勢参り その1:内宮編
2013 夏のお伊勢参り その2:おはらい町・おかげ横丁編
by minori_sb | 2013-08-14 07:16 | お出かけ・旅行

2013 夏のお伊勢参り その2:おはらい町・おかげ横丁編

c0276140_654558.jpg




前回の続き。
内宮参拝のあとはおはらい町とおかげ横丁です。



c0276140_655386.jpg



まずは腹ごしらえ。
伊勢うどんと手ごね寿司のセットを食べました。


おみやげやさんをいくつか回りながら、暑いので冷たいものが食べたいよね、という話になり、こんなときしか食べないかき氷を。
(参拝前からおはらい町を通り過ぎるときにどれを食べようかと物色していました・笑)



c0276140_66074.jpg



氷がふわふわでかき氷? というような食感でした。


今回は食べなかったのですが、赤福でも赤福氷なるものがありました。
夏ならではのお楽しみですよね。



かき氷を食べてからだも冷えたところで、おかげ横丁を目指していたら、母から「ソフトクリーム食べない?」とお誘い。


c0276140_66792.jpg



実は毎回気になっていながらまだ一度も食べていなかったおとうふソフト。
今回も気になりながら、いまさっきかき氷食べたばっかりだしなあと見送ろうとしていました。
しかし、こんな機会でもないと食べられないし、まあいいか!(笑)


c0276140_661510.jpg



今回はじめて食べたのですが、これは食べて正解でした。
凝固剤なども使っていない昔ながらのソフトクリーム(=溶けやすい)だそうで、やさしい味でものすごく美味しかったです!
お豆腐くささはまったくなく食べやすくて、普段食べているソフトクリームとも違う不思議な感じ。
今回いちばんのヒットでした。
かき氷のあとに食べた価値はありました。はは。

お店にはほかにもドーナツやアイスなども売っていましたよ。


ソフトクリームを食べたらさすがにおなかいっぱいになり、そろそろ疲れてきたのでおかげ横丁でおみやげを買って、帰路につきました。
おみやげはまた次回。



c0276140_653637.jpg



ちなみにおはらい町ではこんな光景に遭遇しました。
大きな車(名前がわかりません、すみません)にお酒(お神酒かな?)がたくさん積んであって、内宮前までみんなでいっせいに縄を引っ張っての行進していました。
ちょっと調べてみたのですが、なんというものかわからず。
なかなかの迫力でした。




おかげ横丁
おはらい町・おかげ横丁(伊勢市観光協会)




関連記事
2013 夏のお伊勢参り その1:内宮編
2013 夏のお伊勢参り その3:おみやげ編
by minori_sb | 2013-08-10 06:37 | お出かけ・旅行

2013 夏のお伊勢参り その1:内宮編

先週、所用があって三重に行くついでにお伊勢さんへ行きました。


c0276140_2328464.jpg




なんだかんだで伊勢には4年連続で行っています。
今回は母と親子ふたり旅。

外宮も行きたかったのですが、足の悪い母のために内宮だけお参りすることに。
しかし、内宮前で既に不機嫌気味の母上……。
あまりの人の多さと暑さと歩く量にうんざりしてしまったようです。


今回はじめて車での伊勢旅行。そして今年は式年遷宮。
人は多いだろうなあと予想はしていたのですが、道路に交通規制がかかっていたり駐車場が臨時で増設されているのは考えていませんでした(下調べ? なしです!)
9月1日まではお白石持行事で交通規制がかかりますので、車で行かれる方はご注意を〜



c0276140_2329770.jpg



お白石持行事らしい白装束の人がたくさんいました。
もちろんそれ以外の人もたくさんたくさん。
お白石持行事は今回はじめて知りました。



c0276140_23285278.jpg





新しい御正殿へお白石を奉献しに行かれていました。
ここは一般の人は登れません。奉献しに行く人だけです。




c0276140_2329052.jpg




階段を登って御祭神に参拝です。
もうここでお参りするのも今回が最後ですね。



c0276140_23291441.jpg



昼間の参拝だったので、人が多くて多くて、上を見上げてやっと人がカメラに写らないといった感じです(笑)。

内宮にお参りするのはこれで3回目なのですが、はじめて来たときは緊張したのか馴染まないのか、どこかよそよそしい感じがしました。
木が好きなミノリとしては、木が囲まれたところに来てそんな思いをしたのは初めてのことでした。
回数を重ねるごとに、だんだんと伊勢の空気が染み渡るようになってきた感じです。


3回目にして、何度も来たくなる気持ちがやっとわかったような気がします。
来年も行くかもしれない、と秘かに思いました。



伊勢神宮ホームページ




関連記事
2013 夏のお伊勢参り その2:おはらい町・おかげ横丁編
2013 夏のお伊勢参り その3:おみやげ編
by minori_sb | 2013-08-07 23:58 | お出かけ・旅行

京都 詩仙堂 ―紫陽花を探しに―


紫陽花を求めて、京都の詩仙堂に行ってきました。

詩仙堂は徳川家の家臣であった石川丈山が隠居のため造営した山荘なのだそうで、現在は曹洞宗の寺院でもあり丈山寺というそうです。(Wikipedia情報)
今回初めて行きました。


c0276140_948045.jpg



風情ある佇まい。
門をくぐるって、なんだかわくわくしますねえ。
自分の知らない世界へ入っていくよう。



c0276140_9482731.jpg



竹林の階段を昇ると、まもなく入り口です。


c0276140_9484730.jpg



建物の中は撮影禁止だったので、中から見た庭の風景。
ちなみに背景の木はもみじがたくさん。
秋に来たら壮観でしょうねえ。

数日の雨でだいぶ気温は下がりましたが、この空間は特に冷んやりとして心地よい風が吹いていました。
ウグイスの鳴き声、カエルの泣き声、ときどき聞こえる鹿威しの音。
目を瞑って、こころのなかを空っぽにしたくなる空間でした。


普段のせかせかと生きている日常が、緩んでくるというか。
基本のんびり屋なのですが、忙しくて最近はだいぶ無理しているよう。
ちょっとだけ、気持ちを落ち着けることができました。
(十分に落ち着けるのは、すぐにできるほど容易ではないようです)


なかを拝観したあとは、庭のほうを見学させていただくことができます。
お目当ての紫陽花へ!


c0276140_9502257.jpg



いちおう下調べでは見頃とあったのですが、予想よりまだまだこれからという印象でつぼみがたくさんついていました。

これはこれで綺麗です。



c0276140_9505360.jpg


c0276140_951680.jpg


c0276140_9511577.jpg



改めて見ると、花ひとつひとつで表情が違っていますね。
コンデジとはいえ、カメラ持っていってよかったーと思いました。


c0276140_952487.jpg



全体的に湿気が多いのかな? 苔が地面にたくさん生えていました。
梅雨時なのもありますが、この空間には、とても合っていると思いました。


c0276140_9522535.jpg


c0276140_9523528.jpg



途中から晴れてきたけど、紫陽花はお日さまの下より曇り空が映えますね。


前回の平安神宮とはまたちがった非日常的な空間が広がっていました。
紫陽花はまだまだこれからが見頃です。



詩仙堂 丈山寺
〒606-8154
京都市左京区一乗寺門口町27番地
公式ホームページ



エキサイトのテーマ
美しいあじさい&6月の素敵な一枚を切り撮ってみた!
by minori_sb | 2013-06-26 09:59 | お出かけ・旅行

京都 平安神宮 sanpo


久しぶりに美術展に行った帰りに、近くにある平安神宮に立ち寄りました。


c0276140_10255578.jpg



この日はあいにくの曇り空。
予報は雨だったので、まだ持ちこたえたほうでしょうか。

平安神宮自体は前にも行ったことがありましたが、「なか」には入らなかった記憶があります。
今日のお目当ては睡蓮。
見ごろは午前中なので、お昼前ですこしそわそわしながら境内を歩きます。


c0276140_1026326.jpg



その前にお参りしなくちゃね。
2礼2拝1礼も最近ではやっと板についてきました。


で、お目当ての睡蓮がある神苑はというと、写真の大極殿の左手に入り口がありました。
一方通行で、出口は右手側にあります。


c0276140_10261143.jpg



なかに入ると、見事にそこは別世界の庭園が広がっていました。
今回はじめて神苑に入りましたが、いままで平安神宮の魅力の半分しか知らなかったように思いました。

たしかにあの朱の建物や砂が敷き詰められた境内も見応えがあるけれど、それだけで終わるにはもったいないほどの空間です。
平安神宮の門をくぐった「内」の「なか」にあるという二重構造とでもいうのでしょうか、なんとも不思議な感じ。


c0276140_10261936.jpg



日本ではじめての電車が展示されていました。
緑色の車体が、風景と溶け込んでいて、庭園にあるのにその一部になっているようです。
くすんだ色が好きだなあ。


c0276140_10262990.jpg



ツツジもきれいに咲いていました。
杜若も咲いていて、そこに睡蓮とくれば、この季節ならではの贅沢です。


c0276140_10263731.jpg



お目当ての睡蓮も優美に咲いていました。
小雨が降りつつありましたが、十分堪能できました。
こんなにじっくりと睡蓮を眺めに来たのははじめてです。

時間がお昼頃で大丈夫かな、と心配していましたが、杞憂に終わりました。
でもやっぱり睡蓮を楽しむなら午前中ですね。


ぐるりと境内を半周するルートで、ゆっくり小一時間は楽しむことができました。


c0276140_10264876.jpg



出口を出てすぐのところ。
なんだか現実に戻った気持ちです。
神苑のなかのほうが緑も濃くて空気もちがうので、ひとつの小宇宙かもしれない。





平安神宮HP
by minori_sb | 2013-06-05 11:10 | お出かけ・旅行

京都 下鴨神社

c0276140_7215684.jpg



所用があって京都に行ったついでに、下鴨神社に寄ってきました。


大学が京都だったし、京都は近くてよく行くのですが、観光はさっぱり。
今年は京都の神社・仏閣めぐりをすることをひそかに目標にしています。

下鴨神社も通ったことはあるけれど、行くのははじめて。
正式名称は賀茂御祖神社(かもみおやじんじゃ)と言うのだそうですね。


c0276140_722578.jpg


c0276140_722153.jpg


神社の境内って、なぜか落ち着きます。
だからお伊勢さんはあんなに人気なのかしら。



c0276140_7222545.jpg


草花の教養がまったくないので、お花の名前がわからないのですが(汗)
とっても綺麗に咲いていました。
濃い緑と、花の山吹色と、神社の朱色と、糺の森の緑のコントラストが良いですね。

桜が終わって、これから樹木が全盛期を迎える季節。
緑の匂いが濃い、わたしの好きな季節です。


c0276140_722329.jpg


樹齢何百年だろう。
こんなふうになっても、エネルギーを感じます。



c0276140_7224011.jpg



糺(ただす)の森を散策して帰りました。
神社の近くにある森は鎮守の森といって伐採されずに残っているところが多いのですが、今回それをものすごく肌で感じました。

わたしは木が好きなので、木がたくさんあるところが好きです。
しかし、山登りはとても好きと言いがたい。
いったいどこに行けば木に囲まれるだろうというジレンマに長年陥っていたのですが(都会育ちの悩み)、そうか、鎮守の森を目指せばいいのかと思い至りました。

ごく当たり前のことを、気づくのに何年もかかったりするものです。
ずっと隅に追いやっていたものを、拾い上げて大切にしていきたいなあと糺の森を歩きながら考えていました。


下鴨神社のHPはこちら
by minori_sb | 2013-04-23 07:49 | お出かけ・旅行

2013 広島旅行 その4:グルメ編

広島旅行も今回で最終回です。
最後はもちろん(?)グルメ編。
広島の定番グルメは満喫できたように思います。


c0276140_7151040.jpg



まずは広島焼き。
豪雨のなか(1日目は雨だった)、広島焼き目指してがんばりました。
雨にぬれて傘が吹き飛ばされそうになっただけの甲斐がありました。

ミノリは大阪府民なので、お好み焼きといえば大阪お好み焼き! の文化で育ってきました。
広島お好み焼きをきちんと食べるのは、実は今回がはじめて。
あの大量のキャベツを混ぜないでどうやってお好み焼きができるのか、長年の疑問でした。
見た目のインパクトが大きいので、焼いているところを見るだけでも楽しかったです。

食べた感想は、これはもう広島焼きという文化だなあと思いました。
どっちのお好み焼きが美味しいとかそういう問題ではなくて、違う文化と思わないと。
今回の旅行でいちばんのカルチャーショックでした。

結論。どちらもそれぞれに美味しい。

こんなに大きくて食べきれるかしらと思いましたが、完食しました。
2日間で、いつもの3倍は食べた気がします(ゲフ)。

また広島に行く機会があったらぜひぜひ食べてみたいです。



c0276140_714327.jpg



続きまして2日目の宮島で、あなご飯。
今回の旅行を企画するまで、広島であなごが有名だと知らなかったのですが(すみません)、いたるところであなごがありました。
もみじまんじゅうや、牡蠣と同じくらい有名なのですね。

普段ミノリの生活であなごにスポットライトが当たることはほとんどありません。
(質素なのでウナギさんも滅多にスポットライトは当たりません。苦笑)
なので、こんなにあなごを満喫できたのは、広島に来たおかげだなあと思いました。

これまたごはんが普段の3倍以上(ミノリは普段ごはんをあんまり食べない)入っていて食べきれるかしら……と不安に思いながら、完食しました。
焼きあなごがホクホクして美味しかった〜


c0276140_7145212.jpg



焼き牡蠣もいただきました。
ミノリは貝類がそんなに好きではないので普段食べないのですが(そんなんばっかりですね)、母が食べたそうにしていたので注文。
こういう機会じゃないと殻付きの新鮮な牡蠣なんて食べられないしね!
食べてよかった〜と思いました。

焼き牡蠣は、露店で2つで400円くらいが相場でした。
お店でいただいたので、2つで600円。
宮島には牡蠣の専門店もありました。すごい行列だった。
牡蠣が好きな方にはたまらないでしょうね。


しかし、2日目はあなご飯でお腹いっぱい。
もみじまんじゅうの無料試食券とか、あなごマンや広島牛マンも食べたいなあとか、いろいろもくろみがあったのですが、お腹いっぱいで叶いませんでした。涙。


c0276140_7151883.jpg



これはあなご飯を食べる前に寄ったお店。
焼き芋ソフトと焼き栗(これはお持ち帰り)を買いました。
芋が安納芋、紫芋、白芋、オレンジ芋の4種類ありました。
安納芋と紫芋はよく聞くけど白芋とオレンジ芋ははじめて聞く名前だったので、白芋ソフトを食べました。
さつまいもとはまた違った味でおいしかったです。


c0276140_715129.jpg



お腹いっぱいのなか、これは食べなくては! とガッツで食べたのが揚げもみじまんじゅう。
もみじまんじゅうを衣で揚げちゃいました、というこれまたカルチャーショックな一品でした。
サクサクな衣にふわふわなもみじまんじゅうがやみつきになる味でした。
お腹いっぱいにもかかわらず、母とともに大絶賛。


好きな人はもみじまんじゅうの食べ比べとかしたら楽しいだろうなあというほど、宮島にはたくさんのもみじまんじゅうのお店がありました。

また広島に行く機会があったら、今度はあそことあそこに行きたいなあとか、後ろ髪を引かれつつも満喫できた2日間でした。
感謝の意味をこめて、ごちそうさまです。




関連記事
2013 広島旅行 その1:平和記念公園
2013 広島旅行 その2:宮島観光
2013 広島旅行 その3:宮島の自然
by minori_sb | 2013-04-02 07:54 | お出かけ・旅行

2013 広島旅行 その3:宮島の自然

c0276140_22394770.jpg


前回の続きです。
厳島神社に行く前に、宮島ロープウェーに乗りました。

宮島といえば厳島神社が真っ先に思い浮かぶほど有名だと思うのですが、今回宮島へ来て特に感動したのは、自然の豊かさでした。

厳島神社の朱の鳥居の荘厳さや美しさはもちろん目を見はるものがあります。
でもそのバッグに映る緑も素晴らしい。
昔は島自体が神様のいる神聖な場所として、人の手が加えられていなかったとのこと。
原生林がいまでも残っていて、いろいろな樹種が山を美しく彩っていました。


事前にロープウェイに乗ることを計画していました。
ロープウェイ乗り場までは、手前から乗り場口までバスが通っているのですが、私たちが来たときはまだ朝早かったので、仕方なく乗り場まで歩くことに。
「ゆっくり歩いて10分」の言葉を信じたのですが……60代後半で普段あまり運動しない膝痛をもつ母にはつらい道のりだったようです(苦笑)。


c0276140_22395961.jpg



ここからさらに坂、階段と続きます。


わたし自身は、もし今度機会があったら、ちゃんと準備して軽く山登りしてみたいなあと思いました。


c0276140_2240687.jpg



春らしく、たくさん花がついていました。
3月中旬を過ぎたころだったので、まだ桜はつぼみが開く手前でした。
これからが見頃なのでしょうね。綺麗だろうなあ。


c0276140_2240149.jpg



海の向こうはもやがかかってあまり綺麗に見えませんでした。
でも昨日がすごい雨だったので、晴れただけ奇跡です。
ちなみにこの次の日も雨でした。
お天気に恵まれて感謝感謝。


c0276140_22402355.jpg



ロープウェイで終着点まで到着。
このあと、さらに30分ほど登ると展望台があったらしいのですが、母が早々にギブアップしていたのでそこそこに引き上げました。
しかし十分気分は満喫できました。
下の神社だけで済ますのはあまりにももったいないほど、清々しく気持ちよかったです。


もともとミノリは緑が好きなので、久しぶりにたくさんの木に触れることができてとても良かったです。
良い意味で自分の好きなものを再確認できた心境です。



c0276140_22393742.jpg



おまけ。
宮島には野生の鹿がたくさんいましたが、ロープウェイに乗って納得しました。
そりゃあ鹿もいるよね。




関連記事
2013 広島旅行 その1:平和記念公園
2013 広島旅行 その2:宮島観光
2013 広島旅行 その4:グルメ編
by minori_sb | 2013-03-28 23:09 | お出かけ・旅行

2013 広島旅行 その2:宮島観光 

c0276140_4234529.jpg



前回の続きです.
2日目は朝から宮島を観光しました。

テレビで見るたび、いいねえ、いつか行ってみたいねえと母と話し合っていた宮島。
海に浮かぶ朱の鳥居は、憧れの地でした。
夢が叶って良かったです。


c0276140_4231178.jpg



前日に宮島入りして、当日はさっそく朝から行動開始。
まだ開店前の参道を歩いて一路ロープウェイへ。
(ロープウェイは次回の記事に書きます)


c0276140_423234.jpg



しゃもじがたくさんお土産物として売られていました。
後から思ったんですが、この特大しゃもじ、1本の木から作られているのでしょうか。
しまった、もっとしっかり見ておけば良かった。


c0276140_423211.jpg



昔ながらの赤ポストがちゃんと活躍していて、可愛かったです。
レトロな感じが宮島の風景とよく似合っていました。
そうそう、しゃもじも郵便ではがきのように送れるようになっていました。(送らなかったけど)


c0276140_424284.jpg



厳島神社に到着。



c0276140_4235531.jpg



ミノリは内陸の山に囲まれたところに住んでいるので、海はお近づきになることがほとんどありません。

今回宮島に来て、厳島神社に来て、とても感じたのはここは潮の満ち引きが重要な情報だということ。
旅館にも干潮・満潮の時刻が毎日更新されていますし、厳島神社は毎日潮の満ち引きによって刻一刻と景色を変えます。
季節によっても潮位が変わり、知識として知ってはいましたが、ここに来てはじめて肌で感じてそのことがとても印象的でした。

月の引力がこんなにも生活の一部になるんだなあと、感動にも似た思いです。
たぶん海がほとんど生活に関わらないから言えるのでしょうけど。


c0276140_4241171.jpg



朱色が目に鮮やかで、海の景色と背景の山の緑と、ほんとうに美しい場所だなあと思いました。



c0276140_4225061.jpg


おまけ。
前日の夜は屋形船でナイトクルーズに行きました。
潮の高さで近づけるギリギリまで、季節によっては鳥居のすぐ近くまで行けるそうなのですが、そんなことも初めて知りました。
今回は、だいぶ遠くからのライトアップ鑑賞となりました。(おかげでピンボケ)





関連記事
2013 広島旅行 その1:平和記念公園
2013 広島旅行 その3:宮島の自然
2013 広島旅行 その4:グルメ編
by minori_sb | 2013-03-26 04:55 | お出かけ・旅行

2013 広島旅行 その1:平和記念公園 

c0276140_9221827.jpg



今回から番外編。
早春の広島旅行に行ってきました。

広島へ行くのは、小学校の修学旅行以来。
小学生のときは学習的意味合いが強かったので、観光で行くのははじめて。
わくわくしながらの出発です。


c0276140_9211022.jpg


が、当日は雨。
しかも到着したときは風も強く、傘も吹き飛ばされそうな勢いでした。
後から宿泊した旅館の人に聞いたのですが、暴風警報が出ていたそうです。


今回母とふたりの母娘旅行だったのですが、母は平和記念公園には行ったことがなかったので、1日目はそこへ行くことになりました。
わたしも小学生のとき以来なので、大人になった眼で見たら子どものときと違ったものが見えるかもしれないと思いまして。

資料館は雨にも関わらず、たくさんの人が訪れていました。
外国人の方もたくさんいて、熱心に見ているのが印象的でした。

c0276140_9212982.jpg


真っ黒に焦げたお弁当箱や、歪んだ眼鏡、三輪車が強く記憶に残っていました。
あとは佐伯敏子さんのお話も、断片的ですがいまでもよく覚えています。
逆に文書や原爆が投下されるまでの広島の背景等の資料はなーんも記憶に残っていなかったので、子ども心には視覚や聴覚、イメージに残りやすいものが受け入れやすいのでしょうね。

わたしの通っていた小学校は戦争や差別、同和教育に熱心で、当時はなんでこんなにするんだろうなあとあまり楽しくなかったのですが(楽しいことではない)、そういう蓄積はとても大切なのだろうと大人になって改めて思います。
無知がいちばんこわい。


c0276140_921401.jpg


佐々木禎子さんの折り鶴。
これも小学生時代に映画化されたものを見ていて、やっぱり印象に残っています。


資料館の中で思いのほか時間がかかって(それくらい多くの人が熱心に見ていました)、2時間以上過ぎました。
途中で母が疲れてきて気分が悪くなってきたので、最後は駆け足で。
時間に余裕があったら広島城にも行こうかと言っていたのですが、時間も体力もなく(苦笑)早々に駅へ帰ることに。


c0276140_9215178.jpg


資料館を出たら、外は晴れ渡っていました。
雨雲は東へ通り過ぎたようです。



c0276140_9212065.jpg


改めて黙祷。



c0276140_922037.jpg


原爆の子の像。
青空の下で見ることができてよかったです。
千羽鶴がたくさんありました。
わたしも修学旅行のときは、たくさん鶴を折りました。


c0276140_922864.jpg


小学生のときに、はじめて原爆ドームを見たときの衝撃はいまでもありありと覚えています。
いままで自分にとって遠い時代に起こったことでしかなかった出来事が、目の前にどんと現れて、食い入るように見ていました。

大人になって改めて来て、良かったなあと思いました。
ヒロシマという街の存在感を強く感じました。


この後は、宿泊する宮島へ行きました。
次回は宮島編です。





関連記事
2013 広島旅行 その2:宮島観光
2013 広島旅行 その3:宮島の自然
2013 広島旅行 その4:グルメ編
by minori_sb | 2013-03-22 09:56 | お出かけ・旅行


手作りお菓子と本の感想、日々のできごとについて


by minori

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ

全体

お菓子
映画
オムライス
カフェ・レストラン
お出かけ・旅行
日々のできごと
ごあいさつ

タグ

(25)
(15)
(15)
(14)
(13)
(12)
(12)
(9)
(9)
(8)

最新の記事

移転先のお知らせ
at 2018-09-17 19:47
ブログを移転します
at 2017-08-12 09:30
現実的な子供たち --メアリ..
at 2017-07-22 07:00
アイルランドのステンドグラス..
at 2017-07-19 07:30
3月の湯布院旅行 その2 ゆ..
at 2017-07-15 07:00

画像一覧

記事ランキング

以前の記事

2018年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
more...

その他のジャンル

お気に入りブログ

お茶の時間にしましょうか...
Good day ~...
喫茶去 所長のブログ
la la la kit...
one day roll
BAYSWATER
ゆるゆると・・・
BARON MAMA*S
Day by day
四 番 目 の 猫 Ta...
YASCH+Y
想い出cameraパートⅢ

検索