人気ブログランキング |

<   2013年 11月 ( 3 )   > この月の画像一覧

四十九日のレシピ / チキンとほうれん草の照り焼きクリームソースオムライス



c0276140_07052335.jpg



先月映画を観ていなかったので、今月2回目の映画。
予告編を観て気になっていた「四十九日のレシピ」を観に行きました。


フードコーディネートをなかしましほさんがされているとのことで、実はパンフレットも含めて気になっていた作品。
なかしましほさんの本を読んだことのある方ならおなじみの、あの温かいかわいい絵が乙美さんのレシピのなかにたくさん登場します。
映画もとても良くて、ちょっと疲れていたのもあるからでしょうか、何度もうるうるとしてしまいました。
そして終わったら、普段なら絶対買わないパンフレットまで買ってしまった。

人生に疲れたとき、寂しいときに観ると癒される映画だと思います。



映画のなかに登場するお料理はもちろんどれも美味しそうなものばかりなのですが(パンフレットにもレシピが一部載っています!)、それと同時にあのお台所がまた素敵で。
昔ながらの、料理が好きな人の台所です。
洒落たシステムキッチンとは程遠いけれど、なぜかとても美しく、温かく感じました。


最後にみんなで踊るフラダンスも良かった。
なぜフラダンス? と思うかもしれませんが、もともとフラは宗教的な踊りなので、ある意味では通じるのだと思います。
ちなみに淡路恵子さんの珠子おばさまは、とてもリアリティのあふれる役でした。
いるいるこんなおばさん、と劇中何度も頷いて観ていました(笑)。


泰三さんも個人的に良い味を出されていたなあと思います。
お笑いの人と思えないくらい、画面に存在感を出される役者さんですよね。



映画を観終わったら、美味しいものをつくって家族や親しい人と一緒に食べたくなりました。
落ち込んでいた時期だったので、元気をいただいた感じです。





 *


映画を観たあとは、今回もオムライスを食べに。
でも月2回が限度ですね。
特別感を出すためには、やっぱり月1オムライスがちょうどいいなあ。


c0276140_07050246.jpg
チキンとほうれん草の照り焼きクリームソースオムライス


ほっこりとこころ温まる映画だったので、気持ちが温まりそうなクリームソースのオムライスを。
照り焼きクリームソースなので、ちょっと甘いです。
お母さんの甘さみたい。




by minori_sb | 2013-11-29 07:29 | 映画

影との戦い ゲド戦記1 / シュークリーム


ジブリ版のゲド戦記は見たことがあったのですが、原作を読むのははじめて。
ジブリのが好きすぎて、逆に原作に尻込みしてしまいました。
原作を読んだことのある方のお話を伺っていると、これは気合いを入れて読まないと、という気持ちになったからです。



今年の夏にやっと1巻を読むことになりました。
やっぱり想像以上に壮大。ル=グウィンはすごい作家です。


しかし、しかし。すごすぎるからでしょうか、面白かったのですが、なかなか前に進めません。
読んだのが8月。お菓子をつくったのが9月。そしてブログを書いているのが11月。
2巻はまだ読み進める気配が見えず。
なんとなーく、やはりハードルが高く感じられます。
わたしにはまだ時期尚早なのかなあ。
それくらい襟元を正して読まないと、と思ってしまう本。

本との付き合い方も、それぞれですね。
たぶん、本そのものと向き合うよりも先に、作者や本の評判のほうが先にインプットされてしまい先入観ばかり強くなってしまったのも要因かもしれません。
困ったなあ。先入観を外さないと。



1巻は若者ゲドが一人前の魔法使いになるまでのストーリーが展開されます。
若さゆえの無謀さとか、剛胆さとか、とてもわかりやすい。
その代償の大きさも。最たるものが題名にもあるように「影との戦い」です。


これはもう言い古された言葉だと思うけれど、それでも若い頃には無茶をしておいていいと最近思います。
自分がもう「若者」の域を出ようとしているから、急に実感として湧いてきました。
無茶ができるのは若者の特権だし、若いうちに苦労はできるだけしておいたほうがいい。
ある程度の年齢に達すると、もうしたいと思ってもできなくなるから。


ゲドがやったことはそれこそ若さ故の過ちでもあるのだけれど、一度その派手な行動化を行って、それこそ痛い目を合わないと気がつかないこともある。
10代、20代のころのわたしは、失敗しないように、先にさとりを得ようとして行動を起こせないことが多かった。
いまだから思えるのだけれど、実にもったいないことだった。


わからなくてもいい。がむしゃらにやればいい。
もちろんどこまで痛い目を見るかはわからないけれど、そうして体当たりをしないと気がつかないこともあるし、20代くらいまでは多少の無理は大丈夫、それが若いということの特権だ。



なんて言っているけれど、あと10年したら「それでもあのころはいまより若かったんだからもっといろいろやったらよかったんだよ」って思うかもしれませんね。
はい、年寄りくさくならずいまの自分でがんばります。


言葉のひとつひとつ、世界観のすみずみにまで叡智が隠されているようで、このシリーズとのつきあいは長くなりそうです。
腰を据えてじっくりと取り組むことになりそう。



 *


今回はシュークリームをつくりました。
シュークリームって魔法みたいだと思いませんか。
小麦粉と卵と牛乳と、絶妙さが要求され、パウンドケーキみたいにとりあえず混ぜとけばなんとかそれなりのものができるということがない。
ミノリはこれまでに何度か挑戦しているのですが、元来が不器用なのでいまだに成功できていません。



c0276140_5115722.jpg



今回も大失敗!
なんとかいちばん見栄えのよい皮で、かろうじてシュークリームに見える?


そろそろシュークリームをつくるのは諦めたほうがいいのかなあと感じています。
才能の限界を知ることも、己を知る上で大切……なのかもしれない。
シュークリームひとつにやや大げさではありますが。





影との戦い―ゲド戦記〈1〉 (岩波少年文庫)

アーシュラ・K. ル=グウィン / 岩波書店


by minori_sb | 2013-11-19 05:41 |

陽だまりの彼女 / 海の幸のマーブルグラタンソースオムライス


ずいぶんご無沙汰してしまいました。


10月は映画を観にいけなかったので、2ヶ月ぶり。
はじめはダイアナを観に行きたかったのですが、スケジュールが合わず、ちょっとたまには気持ちも軽く邦画でラブストーリーもいいかなあと「陽だまりの彼女」を観に行ってきました。

彼女の抱える「秘密」が気になって仕方なかったのです。
映画の宣伝効果、恐るべし。



題名にもあるとおり「陽だまり」の印象がありました。
ポカポカとしてくるような、陽だまりにいるようなイメージ。
もちろん光の使い方とかもあるのだけれど、上野樹里さんのほんわかした話し方や雰囲気も合っていたのだと思います。
夏木マリさんはミステリアスな女性を演じさせたら天下一品。
松潤も良かったです。(適当な言葉が見つからないミノリはそんなにいうほど嵐のファンではないのです、すみません。松潤は嫌いじゃないけど)



洋楽は詳しくないのですが、ビーチボーイズの使われ方が秀逸すぎた……!
最後はあの音楽聞いたら泣きます。



ちなみに肝心の彼女の秘密は……映画館で確かめてください、としか言いようがない。
こころがほっこりするような、そんな映画でした。



映画「陽だまりの彼女」公式ホームページ



 *



映画を観たあとは、いつものようにオムライスを食べます。


今回は江ノ島がよく出てきて、海の香りのするオムライスが食べたいなあということで


c0276140_23543544.jpg


海の幸のマーブルグラタンソースオムライス




貝柱、エビ、イカの魚介類に、トマトベースのあつあつグラタンソースの載ったオムライス。
なかのごはんはバターライスで。
寒い冬にこころもからだもほっこり温まったのでした。


ちなみに、わたしは普段は魚介類(というか貝類)が苦手なので、シーフード系は避けるのですが、今回はこれしかない! と注文しました。(次点で白身魚の入ったオムライスとかないかしらと探しましたがありませんでした。かにクリームコロッケならあるんだけど)
ちょっとした初体験でした。



ポムの樹のホームページ
by minori_sb | 2013-11-13 00:14 | 映画


手作りお菓子と本の感想、日々のできごとについて


by minori

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ

全体

お菓子
映画
オムライス
カフェ・レストラン
お出かけ・旅行
日々のできごと
ごあいさつ

タグ

(25)
(15)
(15)
(14)
(13)
(12)
(12)
(9)
(9)
(8)

最新の記事

移転先のお知らせ
at 2018-09-17 19:47
ブログを移転します
at 2017-08-12 09:30
現実的な子供たち --メアリ..
at 2017-07-22 07:00
アイルランドのステンドグラス..
at 2017-07-19 07:30
3月の湯布院旅行 その2 ゆ..
at 2017-07-15 07:00

画像一覧

記事ランキング

以前の記事

2018年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
more...

その他のジャンル

お気に入りブログ

お茶の時間にしましょうか...
Good day ~...
喫茶去 所長のブログ
la la la kit...
one day roll
BAYSWATER
ゆるゆると・・・
BARON MAMA*S
Day by day
四 番 目 の 猫 Ta...
YASCH+Y
想い出cameraパートⅢ

検索