人気ブログランキング |

<   2016年 01月 ( 5 )   > この月の画像一覧

年に一度のお食事会

c0276140_16290983.jpg



わたしにはもう20年来の友だちがいます。
その友だちは、近所とか、同じ学校とかそういうのではなくて、住んでいるところも、学校も、ちがいます。
年齢も向こうがふたつ年上。


説明しはじめるとややこしいので省略しますが、簡単にいうと、その子は兄の家庭教師の教え子でした。
兄が月に何度かその子のおうちに行くすがら、その子と交換日記をしたのが仲良くなるきっかけ。
その子はとても絵が上手く、わたしも絵を描くのが好きだったので、途中からそれは漫画交換日記のようになり、中学に上がるまでの約2年間で20冊くらいのやりとりをしました。


もともと母がその子のお母さんと知り合いになったのがはじまり。
そんなに頻繁ではないけれど、家族ぐるみのおつきあい。
しばらく途絶えていたこともありましたが、年賀状のやりとりは続いていて、数年前に久しぶりに再会しました。



といってもお互いにライフスタイルも異なるし忙しいしで、なかなか会えません。
そんななか、なんとなく毎年の恒例になってきたのが、兄とその子とわたしでのお食事会。
今年も無事に開くことができました。

昨年兄が結婚して、今年は兄の奥さんも一緒に、4人で。
とても不思議な組み合わせですが、とても居心地の良い楽しい時間を過ごすことができました。
(わたし以外3人ともばりばりの教育関係なので、最後のほうは教育討論会になりました・笑)



ちなみに、いつも兄がお店を探してきてくれるのですが、写真のようにとても素敵なお店を探してきてくれるので、わたしにとっては年に一度の豪華お食事会でもあります。
緩く長く縁が続いています。来年も開けるといいな。




by minori_sb | 2016-01-30 07:00 | 日々のできごと

「溺れそうな時にしがみつけるものを持つ人は幸せなはずだ」— ハケンアニメ!  辻村深月—


タイトルを見たときは、派遣アニメ? とハテナマークが浮かびました。
ハケンとは”覇権”のこと。


表紙を見たときに、ひょっとしてこの絵はCLAMP? と思ってしまったわたしは、実はひそかにアニメや漫画が好きな隠れオタクでした。(ちなみに表紙は正解でした。CLAMPでした)


どれくらい隠れかというと、ほとんど周囲にはカミングアウトせず、特に同じ喜びを分かち合うオタク仲間もおらず、イベントなども参加したこともなく、ひとり細々とそのとき好きな漫画やアニメを見ながらネットなどで二次創作的なことを楽しむという感じでした。
だからオタクではない人に比べるとオタクだけれど、バリバリのオタクさんに比べるとそこまで浸れず、どっちから見ても中途半端な感じ(なんかそういうものに程度をつけるのもどうかと思うんですが……)


最近はほとんど見なくなったし、だんだん遠ざかりつつあるけれど、わたしの生きる糧をくれた存在であったと思います。やっぱりあるとないとでは、あったほうが豊かになれたと思う。
ちなみにもうついでにカミングアウトしてごくごく最近の話をすると、「蒼穹のファフナー」というアニメが最後に見たアニメです。EXODUSはまだ最終話を大事に録画残しています。


物語のなかで、とても印象に残って思わず付箋を貼ってしまった言葉。

「現実を生き延びるには、結局、自分の心を強く保つしかないんだよ。リア充って、現実や恋愛が充実してる人間を揶揄して指す言葉があるけど、リアルが充実していなくたって、多くの人は、そう不幸じゃないはずでしょ? 恋人がいなくても、現実がつらくても、心の中に大事に思ってるものがあれば、それがアニメでも、アイドルでも、溺れそうな時にしがみつけるものを持つ人は幸せなはずだ」(P105)



辛くても、どうしようもないと思ったときでも、こころの拠り所になる存在があることはとても素晴らしいです。


辻村さんの小説ではおなじみのチヨダ・コーキも生で登場します。
黒木さんも登場して、なんだか久しぶりにスロウハイツが読み返したくなっちゃって、いま読んでいます。




by minori_sb | 2016-01-27 07:00 |

ねじまき鳥クロニクル 第一部泥棒かささぎ編

ねじまき鳥クロニクル〈第1部〉泥棒かささぎ編 (新潮文庫)

村上 春樹/新潮社

undefined



「村上春樹、河合隼雄に会いにいく」で、河合隼雄先生がねじまき鳥についてコメントされている部分がありました。
細かいところは忘れたのですが(すみません…また調べておきます)、たしか河合先生は奥さんのことについて触れておられました。


ねじまき鳥を読むのは2回目か3回目です。
なにせ長い物語なので、なかなか腰を据えてよし、読もうと思わないと読めません。
海辺のカフカや、世界の終りとハードボイルド・ワンダーランドはわりと何度も読み返しているけれど、ねじまき鳥はなぜかそんなに読む機会がありませんでした。(同様に、1Q84もまだ読み返す域になっていません。タイミング的なところもあるのです)


今回、「図書館戦争」の映画をきっかけに久しぶりに読み返してみて、わたしのなかの視点がすごく変わっていて新鮮な気持ちになりました。


ほんとうだ、これは久美子さんがキーパーソンだ。


マルタクレタ姉妹や、ナツメグやシナモンや、メイちゃんとか、ねじまき鳥にはとても個性的な登場人物がたくさん出てくるので、はじめて読んだときは正直久美子さんのことはそこまで意識していませんでした。
でも改めて読んでみると、これって主人公が奥さんを喪失していく過程、そしてそのことに気づく過程、取り戻す(修復していく)過程が描かれている。


久美子さんの声にならない声に主人公が気がつくのは第2部のそれこそ終盤なんだけれど(良いニュースは小さな声で語られる)、第一部で彼女はちゃんと救いを求めていたんですね。


でも、その声ってすごくわかりづらいそれこそメタファーで、でもそこに気がつくと物語の奥行きがぐんと深まってくる。



面白いなあと思いました。
なかなか本を読む時間をとることが難しくて第2部を読むのはこれからなんですが、わくわくしながら続きを読もうと思います。






これもまた読みたい。


by minori_sb | 2016-01-09 15:56 |

ホワイトチョコとくるみのマフィン

c0276140_19523425.jpg



お正月につくったケーキのあまりのホワイトチョコと、その前につくった余りもののくるみ。
あまりものを使って、ホワイトチョコとくるみのマフィンをつくりました。



マフィンのレシピは森岡梨さんから。
ごてっときのこ型のボリューム満点のマフィンの完成です。




A.R.I焼き菓子の本 (レタスクラブMOOK)

森岡 梨 /角川マガジンズ(角川グループパブリッシング)

null





by minori_sb | 2016-01-06 20:05 | お菓子

2016年のご挨拶

c0276140_20413537.jpg


あけましておめでとうございます。


気がつくと年が明けてしまいました。
試験は無事に合格できて、転職先も決まって、12月はとっても慌ただしかったですが、実り多い年末になりました。





c0276140_20414085.jpg



毎年お正月は北野天満宮に初詣に行っています。
ずっと受験生みたいな感じだったので、学問の神様とは縁が深く。
もうしばらく試験はないのですが、学問は相変わらず縁が深いのでこれからもお世話になります。


牛さんの頭も今年もいっぱい撫でてきました。
改めて写真に撮ると、こんなに徳の深い顔をしていたのだと感動。
毎年見ているんですけれど、感動はいたるところにあるんですね。




c0276140_20414443.jpg


お正月は恒例の家族でお鍋でした。
うちでは朝(兼昼)におせちとお雑煮、夜はお鍋になっています。
昨年は兄が結婚して、今年は家族がひとり増えてますます賑やかになりました。


で、年末にケーキをつくることができなかったので、わたしは正月早々朝からケーキを焼きました。
噂の魔法のケーキです。
とろりとしたクリーム部分があまり残りませんでした。
火加減がむずかしいですね。次回はもうすこし時間を短くしよう。


ちなみに、ホワイトチョコのケーキです。
兄夫婦を車で駅に送っていったいるあいだに、残っていた次兄家族と母であらかた食べ尽くされて、帰ってきたら一切れしか残っていませんでした(笑)




今年は、ブログも昨年よりも更新できるといいな。
ゆっくりペースですが、今年もよろしくお願いします。







by minori_sb | 2016-01-02 20:56 | 日々のできごと


手作りお菓子と本の感想、日々のできごとについて


by minori

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

カテゴリ

全体

お菓子
映画
オムライス
カフェ・レストラン
お出かけ・旅行
日々のできごと
ごあいさつ

タグ

(25)
(15)
(15)
(14)
(13)
(12)
(12)
(9)
(9)
(8)

最新の記事

移転先のお知らせ
at 2018-09-17 19:47
ブログを移転します
at 2017-08-12 09:30
現実的な子供たち --メアリ..
at 2017-07-22 07:00
アイルランドのステンドグラス..
at 2017-07-19 07:30
3月の湯布院旅行 その2 ゆ..
at 2017-07-15 07:00

画像一覧

記事ランキング

以前の記事

2018年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
more...

その他のジャンル

お気に入りブログ

お茶の時間にしましょうか...
Good day ~...
喫茶去 所長のブログ
la la la kit...
one day roll
BAYSWATER
ゆるゆると・・・
BARON MAMA*S
Day by day
四 番 目 の 猫 Ta...
YASCH+Y
想い出cameraパートⅢ

検索