人気ブログランキング |

<   2017年 04月 ( 7 )   > この月の画像一覧

2017 春のお伊勢参り その2:内宮

2日目は内宮に行きました。

c0276140_16135661.jpg

ナビが変な道案内をして、なぜか赤福本店の近くの橋を車で渡り、おはらい町を車で通るという稀有な体験をしました。
まだそこまで人の多い時間帯でなくて良かった…! 毎年なにかしら冒険があります(笑)

春休みだからか、平日でも家族連れが多い印象。
内宮前の駐車場も午前中から満車でした。
個人的には昨年くらいでちょうど良いな。



c0276140_16140798.jpg

お天気に恵まれて良かったです。
今回は外宮と内宮しかお参りできない分、内宮も正宮、荒祭宮、風日祈宮とぐるりと回ってきました。

外宮でこころをほぐす準備をして、内宮に来るとぐっと心持ちが変わってきます。
不思議なんですけど、外宮→内宮の順番は確かになるほどと納得します。
言葉に表せないけれど、空気が違うのです。


c0276140_16143604.jpg

3月も終わりごろで、まだ桜はつぼみが開きはじめるころ。
春がちょっとずつそこまできているころ。
この時期は一週ごとに景色が変わっているのでしょうね。
毎年いろんな季節に行くようにしているのは、季節ごとの変化も味わいたいからです。
来年は何月に行こうかな。



お参りのあとはおはらい町とおかげ横町を散策するのも楽しみのひとつ。
神妙な心持ちになった後に一気に俗世間に戻る感覚ですが、そのバランスがきっと昔から良いのだろうな、と思います。
というわけで次回はおいしいものとおみやげ編です。






by minori_sb | 2017-04-29 07:13 | お出かけ・旅行

2017 春のお伊勢参り その1:外宮

1ヶ月ほど前の話になりますが、今年も1年に一度のお伊勢参りへ行ってきました。
というわけで毎回変わり映えがしないのですが、伊勢の記録です。
今回は外宮編。


c0276140_19254895.jpg

半月前に急遽行こうと思い立ったので、今回はやや強行スケジュールでした。
時期的に転職する変わり目の3月下旬のためか、世間が春休みで人が多めだからか、春で気持ちがふわふわしやすいからか、慌ただしいというかざわつく心持ちでした。
自分の気持ちの問題もあるかも。いやいや、人の多さもあるかも。
とりあえずお天気には恵まれて良かったです。


c0276140_19260584.jpg

正宮の写真右端に出口があったのですが(左の鳥居から入ります)、前はあんなのあったかな?
ネットで調べてみたら、年末年始は臨時出口が右側に設置されているようなのですが、はてさて。
内宮にも前はなかった手水場のようなものがあって、あれ? と思いました。
来年行ったらまた確認してみよう。

今回は余裕がない感じだったので、外宮→内宮のシンプルルートでした。
外宮は正宮、土宮、風宮、多賀宮に参拝しましたが、昨年行った月夜見宮にも行けず。



c0276140_19255995.jpg

伊勢のばーんと年代を感じさせる大きな木を見るのがいつも楽しみです。
木を見ていると少しずつ気持ちがほぐれていきます。



c0276140_19261174.jpg

今回はシンプルルートだった分、立ち止まってぼんやり木を眺めたり、景色を眺めたりする時間を味わいました。
新年に入り転職活動をしながら忙しい業務に追われて、気がつくとせかせかしている自分がいたので、ブレーキをかけるのもひと苦労です。
伊勢はもう結構な年数毎年通っているんですが、こころとからだをリフレッシュして、またこれから1年よろしくお願いします、というような意味合いで自分にとってはとても大切なこととして位置付けています。
ルーティンが好きなのもあるけれど、でも毎年まったく同じでもなく、でもだいたい同じことを繰り返して。




c0276140_19261452.jpg

そうそう、今年は御厩でご神馬さんに出会えました。
すみません、ミーハー心に負けて他の方々に混じって1枚写真を撮ってしまいました…



次回は内宮編です。





by minori_sb | 2017-04-26 07:21 | お出かけ・旅行

チーズオニオンスープオムライス --ポムの樹


c0276140_18583643.jpg
チーズオニオンスープオムライス


今月2回目のオムライスの記事です。
今回は毎度おなじみのポムの樹です。

春野菜のオムライスフェアで、期間限定のチーズオニオンスープオムライスです。
ポムの樹お得意のとろーりチーズソースに、しめじ入りのオニオンスープ。
オムライスのなかはバターライス。
オムライスの上に載っている色とりどりのつぶつぶはあられです。

あられの食感がアクセントになって面白いですね。
チーズソースだけど、全体的にはあっさりめなテイスト。

個人的にはすこし物足りなさがありました。
オニオンスープがもっと濃厚だったら良かったなあと思うのですが、これは好みの問題ですね。
昨年淡路島に遊びにいって、そこでオニオンスープを飲んでから、わたしのなかでオニオンスープは玉ねぎをじっくり炒める濃厚な味付けがインプットされてしまいました。





by minori_sb | 2017-04-22 07:41 | オムライス

将棋を通して対話する --3月のライオン 前編

c0276140_19245149.jpg


原作の漫画が好きで、全巻持っています。
その実写映画化ということで、とてもワクワクして観に行きました。


羽海野チカさんがすごく好きだったかというとそうでもなく(ハチミツとクローバーはまだ読んだことがないです。3月のライオンが初めて読む作品)、将棋がすごく好きというわけでもなかったのに、気がつくとあれよあれよと全巻揃えてしまいました。

正直将棋のことはわからないです。素人です。駒の動かし方くらいしか知りません。
だから、これは将棋には疎い人の視点です。



将棋って、一対一の対面で、人と人とが将棋を通して対話している。
将棋を通して、盤面上で戦うと同時に、無意識下でも対話し、戦っているのだろう。
対戦相手と、そして自分自身と。

どこまでもストイックに自分と向き合わないといけないし、努力してもそれが必ずしも成果として返ってくる保証もない。
すごくシビアな世界。プロというのはそういうものなのだろうけれど。
島田さんの「だからといって俺が努力しなくていい理由にはならない」というセリフ、めちゃくちゃかっこいい。

つまり対面した相手との空気とか、盤面を通してのその人の表れとか、いろんなものが繰り広げられるのだろうなと思います。あの小さくて広大な宇宙の中に。


漫画では零くんのもがきながらそれでも自分には将棋しかないんだとひたむきに向き合っている姿に何度も励まされました。
後編は人間ドラマがさらに動きそうで楽しみです。



実写化ということで、どんなもんかなと思っていましたが、とても豪華キャストですね。
二階堂役の染谷将太くんすごい! 
佐々木蔵之介島田さんは、原作の頭髪のいじりはできないけど(笑)、めちゃくちゃハマリ役! かっこいい(2回目)。

そしてそして、個人的には有村架純さん香子がとても良いです。
原作でも香子は嫌いじゃなかったんだけど、わたしはどちらかというとひなちゃん派だったのですが、なんだか映画で香子がとっても好きになりました。
香子とひなたって、零くんの女性像の光と影ですよね。
有村架純さんは朝ドラでも主役だし、すごく旬な女優さんですね。ファンになりました。



なんだか感想がまとまっていませんが、後編も楽しみです!


▼予告編



後編予告編も



公式サイト



原作の漫画もとってもオススメです。




by minori_sb | 2017-04-19 07:23 | 映画

たそがれ時 --日の名残り

c0276140_19261887.jpg


はじめてのカズオ・イシグロです。
今年はカズオ・イシグロを読んでみようと。(現在3冊目を読んでいます)



以前NHKでダウントン・アビーという英国貴族のドラマを見ていたので、イメージがしやすかったです。
視覚情報の効果って大きいですね。

特にすごくアクティヴな展開があるわけではないけれど、スティーブンスの真面目な(とっても生真面目な(笑))なかに見られる執事としての品格のこだわり、主人への敬愛する思い、ミス・ケントンとのやりとり、そして道中のイギリスの情景。
どれもしみしみと染み渡ってきます。


ミス・ケントンとの念願の再会シーンも、お互いの礼儀を重んじるなかになんとも言えない気持ちの交流があって、その控えめだけれど相手を尊重する感じがイギリスらしいなあと。(単純にイギリスらしいと言っていいのか悩むのですが…)


終盤の、スティーブンスに声をかけた男の言葉がとっても印象的でした。

「人生、楽しまなくっちゃ。夕方が一日でいちばんいい時間なんだ。脚を伸ばして、のんびりするのさ。夕方がいちばんいい。わしはそう思う。みんなにも尋ねてごらんよ。夕方が一日でいちばんいい時間だって言うよ」(日の名残り P350)

夕方をそんなふうに考えたことがあったかな。
とても素朴で、でもとてもいいなと思います。


日の名残りは、人生の夕方とも言えます。
たそがれ時です。
人生の夕方を、そんなふうに感じられるととっても素敵ですね。



日の名残り (ハヤカワepi文庫)

カズオ イシグロ/早川書房

undefined






by minori_sb | 2017-04-15 07:31 |

失敗? いちごのババロアとココアのケーキ


久しぶりに手づくりお菓子の話題です。
ここのところずっとお菓子をつくる精神的&時間的余裕がなくて、月に一度つくれば良いほうでした。


春になって仕事先が変わって生活のリズムが変わったせいか、またちょっとずつお菓子をつくりたいなという気持ちが出てきました。
お菓子をつくることは、わたしの生活の余裕のバロメータかもしれません。



春ということで、苺です。
苺といえば、年に一度はつくりたいのが苺のババロア。
(去年はつくっていません。余裕なかったのね!)

そうだ、いつも同じだと変わり映えしないから今年はアレンジしてみよう。
ココアのロール生地をつくってロールケーキにしてみてはどうかしら?
妄想は膨らみます。


ココア味のロール生地をつくります。
きれいに膨らんだ。首尾は上々。

次の日に苺のババロア生地に取り掛かります。
ゼラチンが固まる前に生クリームと卵白も泡立てないといけないのでなかなか面倒です。

さあできた。
いよいよロール生地にババロアを載せて、さあロール。

・・・・・・・・・・・・・・巻いている途中でババロアに耐えられなかったロール生地が割れました。
えええっ!!? 割れるの?(←ババロア載せすぎ)



そもそもですね、わたしはロールケーキがまだうまくつくれた試しがないんですよ。(え、そこから?)
しかも欲張ってババロアをロール生地に載せすぎた。明らかに載せすぎだ。


……どうしよう。失敗だ。
とりあえずパイレックスのスクエア型を取り出してきて、割れたロールケーキの残骸(ババロア載せ)を押し込む、押し込む。
ああ、こんなことならはじめからこのスクエア型にココアスポンジを敷き詰めて上から苺のババロアを流し込んだら見栄えの良いスコップケーキになったのに!


c0276140_16220050.jpg

で、こんな感じになりました。(母がご近所へおすそ分けして半分以上減っている)
しかしこれが食べてみると、あらまあ、悪くないではありませんか。
そうよね、元の苺のババロアの味はお墨付きだし、ココアスポンジも良い感じに膨らんでいたもの。



c0276140_16214512.jpg

ちなみに、ロール生地に載せる手前で余りものババロアは別の器に盛り付けました。
これだけで十分おいしい。

ココアスポンジとのコラボはそれはそれで悪くなかったんだけど、やっぱり家でつくるお菓子はシンプルが王道だなあと実感したのでした。



お墨付きの苺のババロアのレシピはこちらから。

グレースのお菓子の時間、紅茶の時間をどうぞ (講談社のお料理BOOK)

樋口 浩子 /講談社

null




▼苺のババロアの記事(2013年、2014年とつくっています)


by minori_sb | 2017-04-12 08:20 | お菓子

唐揚とカニクリームコロッケのプチオムライスセット --北極星祇園店


お久しぶりです。
このブログもよくよく見ていくとオムライスの記事が多いので、いっそのこと分けても良いんじゃね? と思い、新たにオムライスカテゴリをつくりました。
といってもわたしが行くオムライスのお店は大抵ポムの樹なのですが、今後はもう少し幅を広げたいです。



というわけで、3月更新できなかったので、今回は3月のオムライスの話。
3月に京都へ用事があって行った時に、「そうだ、お昼はオムライスを食べよう」と思い立ちました。
いつもは映画を観たあとにオムライスを食べるので、わたしとしては結構な冒険です。


ネットで調べて河原町周辺のオムライスのお店を何件か見つけたのですが、最初のお目当のページはオムライスとしては有名なお店だったためか、1時過ぎに行ったのに行列でした。
そこはまた次回に行くことにして、今回はさらにてくてく歩いて祇園のほうまで、北極星の祇園店まで行ってきました。


北極星といえばオムライスの老舗。
本店にも一度行ったことがあります。
祇園店にも一度行ってみたいなあと思っていたので、当初の目的地ではなかったものの、機会に恵まれて良かったです。


本店はいかにも和という内装で、一見オムライスのお店? とも見えるところが老舗オムライスのお店らしくて良いのですが(外国人のお客さんも多いので、喜ばれそう)、祇園店は洋風な内装で、昔風の洋食店という雰囲気でした。
ホームページによると、祇園店は北極星のなかではいちばん新しいお店らしい。
テーブルもあればカウンターもあるので、一人でも気楽に入れそうです。
ちなみにわたしはカウンター席で外の景色を見ながら食べました。


c0276140_18582432.jpg


祇園店限定メニューのプチオムライスセットにしました。
小ぶりなオムライスとスープに、A(唐揚げとカニクリームコロッケ)、B(エビフライとハンバーグ)が付いてきます。
わたしはAセットにしました。

北極星のオムライスは、しっかりとした卵に包まれて、でもなかは良い具合に半熟です。
ライスは割とあっさりめ。
わたし的に、これぞ王道オムライスというオムライスです。



おまけ。

ちょうど一年前に心斎橋本店へ友だちと行ったときの写真が残っていました。


c0276140_17092828.jpg

たしかチキンオムライスだったような。
セットにするとエビフライとお味噌汁がついてきました。
ものすごく和風なオムライスというわけでもないのに、北極星だとオムライスに味噌汁がこれまた合うんですよね。
ガリが付いてくるのも、ちょっと不思議な感じですが意外に合います。
わー、書いていたらまた食べたくなってきちゃった。


オムライスって洋食カテゴリですけど、日本生まれの日本育ちだから日本食なのですよね。
うーん、奥が深い。









by minori_sb | 2017-04-08 17:19 | オムライス


手作りお菓子と本の感想、日々のできごとについて


by minori

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

カテゴリ

全体

お菓子
映画
オムライス
カフェ・レストラン
お出かけ・旅行
日々のできごと
ごあいさつ

タグ

(25)
(15)
(15)
(14)
(13)
(12)
(12)
(9)
(9)
(8)

最新の記事

移転先のお知らせ
at 2018-09-17 19:47
ブログを移転します
at 2017-08-12 09:30
現実的な子供たち --メアリ..
at 2017-07-22 07:00
アイルランドのステンドグラス..
at 2017-07-19 07:30
3月の湯布院旅行 その2 ゆ..
at 2017-07-15 07:00

画像一覧

記事ランキング

以前の記事

2018年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
more...

その他のジャンル

お気に入りブログ

お茶の時間にしましょうか...
Good day ~...
喫茶去 所長のブログ
la la la kit...
one day roll
BAYSWATER
ゆるゆると・・・
BARON MAMA*S
Day by day
四 番 目 の 猫 Ta...
YASCH+Y
想い出cameraパートⅢ

検索